木更津市畑沢南歯科クリニックの矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科治療の仕組み

矯正歯科治療の仕組み

歯並びが悪いと、様々な悪影響を及ぼします。
見た目が悪いだけではなく、物がうまく噛めなかったり、歯磨きがし辛く磨き残しができて虫歯のリスクを高める原因にもなります。
また、お子様で歯並びが悪いと顎の成長を妨げ、十分な骨格の形成に繋がらなくなる恐れがあります。

矯正歯科治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング

まずは治療を始める前にカウンセリングを行います。
どのような症状でお悩みか、歯並びの状態や患者様の理想などどのようなことでもお話下さいませ。治療の内容や期間、かかる費用の事などお話致します。

精密検査

精密検査

カウンセリングが終了したら、精密検査に移ります。
口腔内を観察し、虫歯がないか歯周病になっていないか等検査します。
また、レントゲン撮影を行い、顎の骨や歯の状態までしっかりと観察し、今後の治療計画に役立てます。

診断

診断

カウンセリング、精密検査の結果を踏まえ診断を出します。
どのような矯正装置がいいか、費用や期間のことまで患者様がご納得のいくまでしっかりとご説明致します。

矯正治療

矯正治療

矯正装置を装着し、矯正治療を開始します。
治療期間中は、虫歯が出来ていないかしっかりとブラッシングが出来ているか、また装置が外れていないか等、経過を観察するため定期的に通院して頂きます。治療期間には個人差がございます。

治療終了・保定観察

治療終了・保定観察

歯が移動し、理想の歯並びになったら矯正装置を外して治療は終了となります。
ですが、歯は一度動いても元に戻ろうとする後戻りの力が働きます。
せっかく理想的な歯並びになっても元に戻っては意味がありません。
そのため、治療が終了したらリテーナーという保定装置を装着します。
また、定期的に通院して経過も観察していきます。

お問い合わせ
QRコード
▲モバイル版